江戸川区西葛西の税理士、豊島賢二郎税理士事務所のご紹介です。お気軽にご相談ください。
東京都江戸川区西葛西6-12-7ミル・メゾン603号 TEL 03-3869-1057

初めての税理士をお探しの方 税理士を変えたいとお考えの方 お気軽に当事務所にご相談ください

東京都江戸川区 豊島賢二郎税理士事務所

当事務所は、会社の設立から資金繰り、税務申告・税務相談まで
さまざまなご相談に対応致します。
税理士がご訪問し、実務・経営のサポートをして参ります。

初めての税理士を探している方(初回相談無料)

個人事業から法人成り

資金繰り・節税対策のご相談

今月のひとこと

為替差損益の取扱い〔消費税〕

 消費税法では、事業者が行った外貨建取引は、消費税法又は法人税法において円換算して計上すべきこととされている金額によることとされています。よって、為替予約がある場合を除き、原則として、事業者が資産の譲渡等を行った日の対顧客直物電信売買相場の仲値(T.T.M)によるものとされます。
 このため、資産の譲渡等の対価が入金された場合や、課税仕入れに係る支払対価を支払った場合には、資産の譲渡等や課税仕入れに計上した日と実際に円貨で決済した日との為替レートの差により、いわゆる為替差損益が発生します。
 しかし、消費税法においては、外貨建取引に伴う消費税については、原則として資産の譲渡等を行った日又は課税仕入れを行った日のT.T.Mで換算した円貨により金額を認識することとなり、決済時との差額は調整する必要はありません。

初めての税理士をお探しの方、税理士を変えたいとお考えの方、法人設立をお考えの方、融資をお考えの方、節税をお考えの方 お気軽にご相談ください!初回相談無料

ページトップへ